帯の種類と説明

トップページ > 帯の種類と説明

帯はその柄や結び方で、着物の魅力を多彩に彩ります。そんな帯の種類についてご説明いたします。

丸帯

幅約65cm~70cm、長さ約4m~4m50cmの広幅の布を二つ折にし、芯を入れ、 幅約30cm~32cm 長さ約4m~4m50cm位に仕立てた帯。 有織紋、吉祥紋を、唐織、金襴、糸錦などで織り出した非常に豪華な物です。  表、裏ともに絢爛豪華な柄が織り出してある為重く、現在では花嫁衣裳などの礼装用に限られています。軽くて締め易い袋帯がこれに変わって多様化されています。

袋帯

二重織り組織で帯の表裏両面を続けて袋状に織ったもので、柄は表地だけに織り出し、裏は無地で軽く織る。丸帯と同様の組織、紋様を取り入れ、軽い為、現在では礼装用として丸帯に取って代わり、最近では袋に織らず帯幅の二倍の生地を二つ折りにして縫い、袋仕立にする帯も多く見られます。 幅、長さも丸帯と同様で礼装用として、二重太鼓、ふくら雀、文庫結びなどに用いられます。

名古屋帯

名古屋帯には基本的には二種類の仕立方が有ります。 まず一つは名古屋仕立と言い、太鼓(たれ)部分を普通巾にし、手(胴)の部分を半巾にし、芯を入れて仕立てます。用尺が少なくて済み、太鼓も一重、手の部分も半巾に折って仕立上がっているので、軽くて結び易く、経済的でも有ります。
もう一つは額縁仕立(平仕立)と言い、胴の部分を半幅にせず、手先、胴に巻く部分もお太鼓部分と同じ幅(8寸)に開いて仕立てます。手先と胴に巻く部分の裏側には、別布を当てることが多く、裏側から見ると縁取りがされているように見えます。
好みや体型に合わせて前帯の幅を調整できますが、帯を締める際、胴部分を自分で半幅にしなければならない点が手間です。 柄や材質により、普段着から略礼装まで巾広く使う事が出来ます。帯全体に柄の有る物を全通、六割ぐらい柄の有る物を六通、太鼓と胴の部分だけ柄の有る物を太鼓柄と言います。

袋名古屋帯

反幅がお太鼓幅の出来上がりと同じ8寸で、お太鼓部分を二重にし、手先は、九寸名古屋帯の松葉仕立てと同様、半幅にかがって仕立てます。
つづれ、真綿、木綿、麻など張りのある布地が多く、芯を入れずに仕立てるのが一般的です。博多献上帯もこの仕立て方になります。
着物お仕立て
着物のお仕立て
帯のお仕立て
着物の種類と説明
帯の種類と説明
着物アラカルト

きもの販売・お仕立て「きものこれくしょん」
お問い合わせは
以下の電話番号もしくは
フォームよりお願いいたします
お電話:075-344-6556
フォームからのお問い合わせはこちら
お仕立てサイズ・見本帳

日用雑貨通販ジパング

ページのトップへ

オフィシャルFacebook